シンガポール~マラッカ~クアラルンプール ラグジュアリーバスの旅

物価の高いシンガポールから世界遺産の街マラッカに行ってきました。マラッカには何回か行ったことがあるのですが、シンガポールから向かうのは初めてです。バスは数社が運行し、エコノミーなものからゴージャスなものまで予算に合わせて選べます。

日本から予約OKシンガポール・マレーシアのバス

その昔マレー半島を横断した時には、日本から予約出来る日が来るなんて想像すら出来ませんでした。もちろんその日の宿は当日歩いて探したものです。便利な世の中になったものです笑。バスオンラインチケット.comでは、シンガポールからマレーシアに行くバス、マレーシア国内の長距離バスを予約出来ます。

BusOnlineTicket.com

当日バスターミナルで購入することも可能ですが、ラグジュアリーなバスは人気が高いので早めに予約しましょう。シンガポールからマレーシアに行くバスの場合は、途中シンガポール出国、マレーシア入国の手続きが必要になります。シンガポールからは、二ヶ所の国境ポイントがあり、比較的空いていると言われているセカンドリンクを利用するバスを選んで予約しました。

Grassland Express & Tours

グラスランド社のバスもBusOnlineTicketで予約出来るのですが、残席が少ない便は公式サイトからの予約のみになっているようです。他にもセカンドリンクを利用するバス会社があるかもしれませんが、確実にわかっているのがこのグラスランド社だったので予約しました。

シンガポールからマラッカへ

乗車場所 シンガポール・ゴールデンマイルコンプレックス・バスターミナル

最寄り駅:Nicoll Highway MRT Station 徒歩5分。

シンガポールからのバスは、主にゴールデンマイルコンプレックスから出ます。乗車時間の30分前に事務所で受付をします。バスのナンバーを書いた紙を受け取りバスを待ちます。ここはシンガポールのリトルタイランドになっていて、タイ料理屋さんが沢山あり早朝から賑わっていました。

お隣のビル、ゴールデンマイルタワーからも出るバス(Starmart社)はあるようですが、数は少ないようです。

Grassland社のバス

シンガポールーマラッカ 運賃22SGD。(約1,751円)+水のペットボトルが配られます。マラッカへ向かうバスは、ほとんどがマラッカセントラルというマラッカ郊外にあるバスターミナル(マラッカの中心から車で20分の距離)まで行くのですが、このGrassland社はバスターミナルではなくTa Chi Nyonya House、Hatten Hotelで降りることが出来ます。

Super VIPの座席は1-2なので、左側の1から埋まっていきます。日本から予約しましたが、見事左側だけ満席でした。

広くて快適です。マレーシアに入ると無料Wi-Fiが利用出来ます。

バスで国境超え

8:00 朝8時にシンガポール・ゴールデンマイルコンプレックスを出発し、30分程たったあたりから渋滞で進まなくなりました。GoogleMapで確認してみると真っ赤です。

9:30頃 シンガポール出国審査が終わりバス出発。出国審査を終えバスが待っている左手にトイレがあります。

マレーシアの入国の際には、バスに預け入れたスーツケースも持って手荷物検査も受けます。シンガポール出国の際には、貴重品のみでOKです。

シンガポール出国審査もマレーシア入国審査もそれほど並んではいなかったのですが、マレーシア入国審査は一人に掛ける時間が長くなかなか進みませんでした。久しぶりの陸路での国境超えなのでちょっとドキドキしながら、質問に答えます。「シンガポールで働いていますか?」「働いていません。」「何の目的でマレーシアに?」「観光です。」この後、どこに何日、いつ出国するのかと根掘り葉掘り聞かれました。後から思うと、もしかしてビザランと思われたのかも?

9:55頃 マレーシア入国審査が終わりバス出発

マレーシアに入ってからは、のどかな風景が延々と続きます。

12:40頃 トイレ休憩 Hentian Sebelah Tangkak North Bound

14:00 マラッカ着  Ta Chi Nyonya House、Hotel Hattenに止まります。

入出国とシンガポール国内の渋滞で予定よりも2時間遅れてマラッカに到着しました。遅延を考慮すると日帰りは厳しいかなという気がします。

降車場所 マラッカ Ta Chi Nyonya House

Grassland社のバスは、Ta Chi Nyonya Houseという事務所がある場所に止まります。シンガポールへ向かうバスもここから乗車します。ここはマラッカのバスターミナルからより市街地に近く便利な場所にあります。オランダ広場までは徒歩で16分。

降車場所 マラッカ Hatten Hotel

もうひとつの降車場所は、ハッテンホテルです。このホテルは全室スイートなのですが、宿泊料金が安く人気のあるホテルです。マラッカに数回来たことがありましたが、こんな近代的なホテルに泊まるのは初めてです笑。

周囲には大きなショッピングモールがいくつもあり便利です。マラッカ中心のオランダ広場までは徒歩10分。

降車場所でトラブルが!?

実はHatten Hotelで降りたかったのですが、乗車券ではTa Chi Nyonya Houseになっているからと言われ、降ろされてしまいました。他にも降りたくないのに降ろされている人数名。前日までは事務所でチェックインする際に降車場所の確認をしようと思っていたのですが、忘れてしまったのが敗因でした。本来なら12時頃には到着する予定が2時間も遅れたので、車内ではスタッフに文句を言う人もいて雰囲気が悪かったので、おとなしく降りました笑。

ホテルからはかなり遠い場所だったので歩くのは諦め、速攻でGrabを起動し無事ホテルに到着。ありがとうGrab。ありがとうドライバーさん。Ta Chi Nyona HouseからHotel Hattenまで5RM。

Hatten Hotelでチェックインしようと並ぶと、同じバスだったシンガポール人家族から降ろされてたけど大丈夫だった?と声かけられました。ちょっと雰囲気悪かったから降りるしかなかったみたいな話やGrabのおかげでココまで来れましたと盛り上がりました。このHatten Hotel、口コミでもチェックインに時間がかかるとありますが、本当に時間がかかります! システムの不調ということで1組に掛かる時間が約20分。

マラッカからクアラルンプールへ

マラッカからクアラルンプールへのバスはKKKL社を利用しました。

乗車場所 Melaka Sentral マラッカバスターミナル

バスターミナルはマラッカの北部にあり車で20分程かかります。もちろんここもGrabで移動10RM。ホテルを9時にチェックアウトし、10時のバスの受付30分前に到着しました。国内とインターナショナルのターミナルが分かれているようですが、マラッカークアラルンプールは何故かインターナショナルターミナル側でした。おかげでグルグル廻ってしまいました。

KKKL社のバス

マラッカークアラルンプール 運賃RM 13.40。(約358円)マラッカ発のバスは運賃が安いです。KKKL社も1-2の座席配列でゆとりがあります。

バスターミナル付近のGrabの配車状況はこんな感じなので、バスターミナルからマラッカ市内へもラクラク移動出来そうです。ちなみにUberはマラッカでは数が少なく運賃も高めでした。

10:00 マラッカバスターミナル発 2時間弱で到着するので、トイレ休憩はありません。

11:55 TBSクアラルンプールバスターミナル着 渋滞もなくスムーズに定刻通りに到着しました。

降車場所 TBSバスターミナル

の略)です。クアラルンプールの長距離バスは、こちらのTBSバスターミナルが発着となっています。鉄道駅もKLIA Transit(空港~KLセントラル駅)、ETS、KMUTERが隣接しています。

ファーストクラスバス

実はこのファーストクラスバスに乗りたかったのですが、スケジュールが合わずに諦めたバスです。TransferTravel社のFirst Class Solitaireという18席の超豪華バスです。クアラルンプールーシンガポール間で運用されている車種です。革張りのシートがまさにファーストクラスのようで一度は乗ってみたいと思っています。

シンガポールのゴールデンマイルコンプレックスで見かけたSolitaireです。これからクアラルンプールへ向かうようです。朝7時半発 59SGD(約4,716円)LCCと変わらない運賃です。クアラルンプール発シンガポール着は、37SGD(約2,964円)~42SGD(約3,364円)と安くなってます。

現地で利用したアプリ


Uberは紹介で会員登録をすると初回割引クーポンが貰えます。普通に会員登録すると何も貰えませんが、以下のリンクからの登録で1,500円分の割引クーポンが貰えます。Uberは日本国内でも利用出来る地域があるので、日本国内でクレジットカード登録が可能です。


Grabは特に紹介制度はなさそうですが、乗車するたびにポイントが貯まります。日本国内ではGrab使用が出来ないため、クレジットカードの登録も利用出来る地域に移動してからになります。

現地で利用したSIM

SIMフリースマホをお持ちの方は、現地で手軽に使えるプリペイドSIMが便利です。私が今回使ったこのSIMは日本でも利用開始出来るものなので、出発前、帰国後も利用出来て大変便利でした。機内で面倒なSIMの入れ替えをしなくて良いのも使い勝手が良かったです。特に設定は必要なく、SIMを入れたその瞬間から利用可能です。8日間利用出来るのも◎。注文してから届くまでに数日かかるので、早めの購入をオススメします。

まとめ

  • バスは日本からでも予約可能・座席指定も可能
  • 降車場所はチェックインの際に要確認
  • シンガポール出国審査手続き後、駐車場横にトイレがあります
  • バスの中は冷房が効きすぎているので羽織るものの準備を
  • マラッカではUberよりもGrabのほうが台数多い
  • クアラルンプールはUberのほうが多い
Amy
実は乗り物酔いするので、余りバスは好きではありません、今回は普通の高速道路ということで大丈夫でした。乗り心地も良く熟睡とまではいきませんが、ウトウトしていました。日本では余りバスには乗りませんが、バスの旅もなかなか楽しいものですね。

応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村