ザ マジェスティック ホテル クアラルンプール宿泊 | マリオットホテル・プラチナチャレンジにどうぞ

世界一5つ星ホテルがお安く宿泊出来る都市は何処かご存知ですか? やっぱり中国とか? いえいえ、実はマレーシアのクアラルンプールなんです。あのヒルトンホテルが1泊4,000円! 日本ではカプセルホテル並の宿泊料金ですよね。リッツカールトンホテルは時には1泊12,000円のセールも良くみかけます。

5つ星の中からコロニアルな様式の「ザ マジェスティック ホテル」が目に止まり、調べてみると1泊1万円前後と他の都市ではあり得ない金額! クアラルンプール初日は激安ヒルトン(激安には理由があった!?)、後半3日間はザ マジェスティック ホテル クアラルンプールに宿泊しました。

ザ マジェスティック ホテル クアラルンプール The Majestic Hotel Kuala Lumpur

マレーシアの首都クアラルンプールにあるこのホテルは、マリオットホテルのオートグラフコレクションホテルという厳選された高級ホテルのひとつです。近代的なホテルも良いですが、歴史あるクラシカルなホテルも憧れます。以前、ベトナムでマジェスティックホテルに宿泊したことがあり、やはりクラシカルな雰囲気がホーチミンの街に溶け込んでいてとても素敵だったことを思い出しました。

ザ マジェスティックホテルクアラルンプールの地図

GoogleMapでホテルの場所を見ると、クアラルンプール駅の眼の前です。同じくクラシカルな白亜の駅舎のクアラルンプール駅は、KLセントラル駅開業後はクアラルンプール駅に停車する電車は減り、閑散としています。しかし、イースタン&オリエンタル・エクスプレスは今でもクアラルンプール駅に停車します。この駅からホテルへのアクセスは、交通量の多い道路を渡る必要があります。一応信号はあるのですがめったに渡る人もいないので車が止まるのを確認してからでないと渡るのは危険です。駅に停車する電車が少ないのでわざわざこの駅まで来て歩くよりも、KLセントラル駅からのシャトルバスを利用するほうが便利かもしれません。

空港からKLIAエクスプレスでクアラルンプールに入る場合、KLセントラル駅に着くので、そのままシャトルバスでホテルまで行くことが出来ます。KLIAエクスプレスを降りてから、モノレールや地下鉄に乗り継ぐのは初クアラルンプールの方にはちょっと難易度高いので、KLセントラル発のシャトルバスは有り難いサービスです。実際、何度もクアラルンプール滞在しているにもかかわらず、乗り継ぎは毎回迷います。

シャトルバスの乗り場

KLセントラル駅(ホテル⇔KLセントラル駅KLIAエクスプレス到着ロビー出口)

KLセントラル駅 KLIAエクスプレス到着ロビーから右側に出ると、シャトルバスが停車しています。時間ちょうどに来るわけではなく、ホテルから来て停車しているので早めに着いても運転手さんがいれば乗せてくれます。冷房も効いているので車内で出発時間を待つのがオススメです。

ホテル到着時には、探検隊のようなコロニアルな衣装のお兄さんがドアを開けてくれます。ちょっと気分が盛り上がる瞬間です。

スターヒルライン(ホテル⇔ブキッビンタン/JWマリオットホテル)

ブキッビンタン駅近くのJWマリオットホテル横が停留所になります。ブキッビンタンはショッピング、アロー通りの屋台、マッサージなどクアラルンプールの楽しみが凝縮されたような場所です。

ミッドヴァレーライン(ホテル⇔ガーデンモール)

KMuterのミッドヴァレー駅のショッピングモールがいくつかある方面へのシャトルバスです。こちらには行く機会がなかったので写真はありません。

シャトルバススケジュール

スターラインとミッドヴァレーラインはホテルに戻る最終便が20:00とちょっと早めです。KLセントラル駅からは23:55の最終便があるので遊んで帰っても安心してホテルまで帰ることが出来ます。

シャトルバスは定員9人位なので、ちょっと早めに乗車しましょう。

宿泊概要

  • 宿泊日 2018年7月 日曜日~火曜日 3泊
  • 予約 hotels.com
  • 1泊 ¥10,012 税込3泊¥33,039
  • デラックスルーム キングベッド 朝食2名分

デラックスルーム

マリオットゴールドの資格があればチェックイン時にアップグレードされるらしいですが、残念ながらマリオットゴールドは今回同行していない家族保有のため、恩恵にあずかれませんでした。というよりも、ここがマリオット系列とは全く考えずに予約を入れたので・・・。

とは言え、お部屋は1泊1万円とは思えないレベルです。残念なのは、天蓋付きになってたら最高のベッドなのに勿体無い。でも、あったら邪魔なのかな・・・?

バスルームはガラス張りで恥ずかしいですが、おひとりさまで宿泊したので無問題。バスタブトレーを初めて使ったのですが、これ便利ですね。スマホ置いたり飲み物置いたり、本来の使い方とは違うかもしれませんが・・・。ワールドカップを見ながら至福の時を過ごせました。

いかにもソファーベッドになりそうな形ですね。

タワーウィング窓からの景色

10Fのタワーウィング右側の部屋からの景色は、右にKLRCAの建物と左にクアラルンプールの駅舎が見えます。クアラルンプールは建設ラッシュですね。あちこちで建設中のビルを見かけました。

夜の景色です。深夜に撮ったので既にビル群は真っ暗でした。

朝食

初日7時半頃に行った時には、まだ席に余裕があり席までエスコートされたのですが、次の日8時過ぎに行った時には、空いてる席を自分で見つけて適当に座って方式でちょっとびっくり。

あまりの混雑ぶりに写真を撮れなかったのですが、マレー料理、インド料理、洋食、中華など色々ありました。

あまりの暑さに体調を崩しかけていたので、サラダとパンとフルーツをいただきました。ここのオレンジジュースが絶品でした。

クレーマーじゃないけど・・・お部屋の移動

2日目までは全く気にしていなかったんですが、部屋内にドアがありコネクティングルームになっていました。チェックアウト前日の夜、エレベーターで一緒だった中華系大家族がお隣の部屋に入っていくのを横目で見ながら、自分の部屋に入ると・・・。コネクティングルームだから壁が薄いようで、お隣の話し声が全て筒抜け状態。

明日チェックアウトだし我慢するか、とTVの音で誤魔化しましたがそれでもまだうるさい・・・。多分TVの音はお隣に聞こえているはず。さすがにマリオット系列でこれは問題だろうと思い直し、部屋を変えてくれるよう電話をしました。すぐにマネージャーから折り返し電話があり「大変失礼しました。直ぐにお部屋をご用意します。何分後にお迎えに行けばよろしいでしょうか?」とのこと。急いで荷物をまとめ、迎えにきてくれたマネージャーと一緒に14Fのお部屋に移ることが出来ました。同じクラスの部屋でしたが部屋の向きがセントレジスホテル方向でクアラルンプール駅は見えませんでした。

もちろん移動したお部屋はコネクティングルームではなかったため、静かでした。最初からコネクティングルームにアサインしないでよーと思いましたが、やっぱりマリオットゴールドの家族名義で予約したほうが良かったかもしれません。アップグレードは期待出来ないかもしれませんが。マネージャーに聞いてみたところ、前もってメールをしてその旨を伝えておけばアップグレード出来るかもみたいなことを言ってました。次からはダメ元でやってみようかな。

騒音でお部屋を変更してもらったのは初めての経験でしたが、さすが5つ星ホテルな対応でホッとしました。できれば旧棟のマジェスティックウイングにも宿泊してみたいですね。

Amy
日中ホテルで過ごす時間がなかったためアフタヌーンティーは次回のお楽しみにします。シャトルバスのKLセントラル線とスターヒル線のブキッビンタンには何回か利用しましたが、蒸し暑いクアラルンプールの街の移動を冷房の効いたシャトルバスは本当に便利でした。お部屋の変更もスムーズに出来たので、やっぱり5つ星ホテルは良いですね。次はマラッカのマジェスティックに泊まりたいけど、3月にマラッカには行ったばかりなのでしばらく先かな。激安ヒルトンについては、また改めて書きますね。

応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村