タイ・バンコクでフォトジェニックツアーに参加してみた!ピンクガネーシャ・ワットパクナム・鉄道市場

何度目かわからないバンコク訪問だったので、今回は定番観光スポット、ワット・ポー、ワット・アルンなどには行ってません。どちらも好きなお寺ですが、滞在日数が少ないので我慢、我慢。

その代わりに、ここ数年話題になっているピンクガネーシャのお寺、キラキラ宝石箱のようなナイトマーケットエメラルド仏塔に行くツアーに参加してみました。現地ツアーに一人で参加するのは久しぶりなのでドキドキ・・・笑

ツアーのメニュー ① 宇宙を感じさせるワット・パクナム エメラルド寺院

SNSでも良く見かけるようになったこの寺院、実は日本に「ワット・パクナム 日本別院」があるんです。日本別院には、バンコクにあるようなフォトジェニックな天井壁画はないのですが、4月の水かけ祭り(ソンクラーン)には盛り上がるらしいと、以前からチェックしていた寺院でした。名前は似ているなと思っていたのですが、この記事を書きながら、初めて二つの寺院の繋がりを知った次第です・・・苦笑

実際にエメラルド寺院の中に入り、天井を見上げた時、頭の中は喜多郎のシルクロードが流れました。とても心地の良い広い空間で、瞑想したら気持ちが良さそうです。

 

 ツアーのメニュー ② 今話題のピンクガネーシャって!?

お願い事を通常の3倍速で叶えてくれるという、バンコクから車で1時間半ほどチャチュンサオ県のピンクの巨大なガネーシャ像です。

ガネーシャってヒンドゥ教だよね、タイは仏教じゃ?と思うかもしれませんが、仏教徒のタイ人も普通にガネーシャにお祈りをしているんです。
バンコク伊勢丹前のトリムルティプームの黄金のガネーシャ像、恋愛の神様として多くの若者が祈りを捧げ、エラワン交差点のエラワンプームもヒンドゥ教のブラフマー像が祀られており、毎日多くのタイ人が熱心にお参りしています。交差点のすぐそばなので、運転中のドライバーがハンドルから手を放し拝む姿も見られるんですよ・・・笑

今回訪れるピンクガネーシャは、商売繁盛、学問の神様。真ん中の人の列が、お使いのネズミの耳を塞いでお願い事をする列です。並んでお祈りするのは、おひとり様にはちょっとハードルが高かったので、ガネーシャの裏側にいる自分の誕生曜日のネズミ君にお願いをしてきました。

 

ツアーのメニュー ③ キラキラ宝石箱のようなタラートナットロットファイ 鉄道市場ラチャダー

今回のツアーで唯一、個人でも簡単に行ける場所にあります。MRTタイ・カルチャーセンター駅すぐすばなので、ツアーの解散はこちらで現地解散になりました。

 

ピンクガネーシャツアーは午前発・午後発

ピンクガネーシャに行くツアーは、出発が早朝、午後とあり、早朝発ではホテルの朝食を食べる時間もなさそうだったので、午後発にしました。

Amy
しかし、午後発は後で後悔することに・・・

口コミや写真投稿でポイントが貯まるので、次回のアクティビティの支払いに使えたりするんです。

ツアーのスケジュールと実際の時間

ピンク色の時間が実際の時間です。午後発のツアーなので、ホテルで朝食を済ませ、プールで遊び、市場を散策して軽くランチをしてから集合場所へ向かいました。プレジデントタワーの場所がわかりにくいと口コミにありましたが、詳細な地図もあったので、迷いようがないとは思うのですが・・・。実際、迷われた遅刻者が1名いました。参加者は圧倒的にお一人様女子が多く、さすがフォトジェニックツアーです・・・笑

記載されていたスケジュールには、滞在時間の記載はなく、現地の到着時刻のみ。参加してから移動に時間が掛かる、渋滞についての説明があり、ピンクガネーシャの滞在時間がたったの25分!、これは短すぎます・・・泣 時間の余りがちなエメラルド仏塔を25分、ガネーシャを50分の配分だったらと思うのは私だけではないはず。25分であの巨大なアミューズメントパークは廻り切れません。

フォトジェニックな写真は撮れた?

誰が撮ってもフォトジェニックな写真にはならないことが判明・・・笑 ワットパクナムは屋内、ピンクガネーシャは屋外、鉄道市場は夜景、カメラの性能や腕はもちろん関係しますが、ピンクガネーシャが逆光だったため、思ったような写真が撮れませんでした。

Google Mapの航空写真画面でよーく見てみると、ガネーシャ像は東向きなんです。気になって調べてみると、伊勢丹前のガネーシャ像も東向き。どうやらガネーシャ像は日の出る方角を見つめているようです。というわけで、ピンクガネーシャは午前中にお参りするのがフォトジェニック的にはベストだということが判明・・・! 次回フォトジェニックスポットへ行く時には、向きを事前にチェックしようと固く心に誓いました。GoogleMapは偉大です。

Amy
じっくり見て廻ることは出来ない弾丸ツアーでしたが、個人でこの3か所を1日で廻るのは難しいです。がっつり写真撮影したい!っていうマニアックな人にはおススメできませんが、とりあえず押さえておきたいという人にはおススメです。

応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA