タイ・バンコクのインフィニティプールが魅力のアヴァニリバーサイドバンコクホテル

インフィニティプールがあるチャオプラヤー川沿いのホテル『アヴァニリバーサイドバンコク』に3泊しました。

アヴァニリバーサイドバンコクホテルの行き方

スワンナプーム国際空港からは、

  1. タクシー 約300~500B
  2. エアポートリンク+BTS+シャトルボート
  3. 路線バス


1のタクシーは、スーツケース派におすすめ。
最寄り駅のサパーンタクシン駅の川側の出口には急な階段しかありません。下りは何とかなっても上りは、私は諦めました・・・笑

2、3は安く行けますが乗り換えが何回かあるので時間が掛かりますが、シャトルボートは風情があります。

私は、行きは2を利用し、帰りは一気に空港まで1を利用しました。

 

JrSuiteコーナールームに宿泊

スワンナプーム国際航空からは、Airlink~BTS~シャトルボートを乗り継ぎ、ホテル着は18時近くでした。

チェックインは11Fフロントにてインド系の女性のスタッフが担当。

DeNAトラベルで事前にホテル宿泊の代表者名をやまねこ旦那からやまねこに変更していたのですが、ホテル側では旦那のままだったらしくチェックインに少し時間が掛かりました。

部屋は15Fのリバーサイドビュー、アジアティーク向きではなかったのが残念。

部屋に入ってすぐに別のスタッフがチェックイン時に渡し忘れていたハイティ3泊分、カクテルタイム3泊分を2名分の利用券を持ってきてくれました。

DeNAトラベルで予約時には特に記載がなかったので嬉しいけど、忘れられてたままだったら・・・と思うととちょっと複雑。

宿泊者用のラウンジが見当たらなかったのでその代わりのサービスなのでしょう。

部屋はJrなので2部屋ではありませんでしたが、寝室と同じくらいの広さにシャワー、洗面台、クローゼット、バスタブがありチャオプラヤー川を見ながらの入浴は贅沢過ぎる時間でした。ハーブ入りのバスソルトが毎日補充されてたのも◎。

食事

朝食 11F Skyline 午前6時~午前10時

朝食付きのプランで宿泊。日本よりもマイナス2時間の時差があるので、早い時間に起きることが出来ました・・・笑 毎朝6時半には朝食会場のスカイラインへ。ゆとりのあるテーブル配置のため、ゆっくりと朝食を頂くことができます。各国料理のビュッフェスタイルですが、オープンキッチンの日替わりの麺が美味しかったので毎朝いただきました。

ハイティ11F LongBar Package Daily High Tea 午後3時~午後6時

ビュッフェ形式かなと思い30分位時間を取って行ったのですが、これが本格的なハイティでした! この後にエステの予約を入れていたので、シャトルボートの出発時間が気になりながらのハイティでした(苦笑)

サンダウンカクテル 26F Attitude  Package Sundown Cocktail 午後6時~午後11時半

カクテルタイムに一人で訪れる人は少ないんでしょうね、案内してくれたお姉さんがおちゃめな感じに「なんで一人なのよ~、勿体ない!」って笑ってました。
しょうがなかったのよ~としばし会話・・・笑
インフィニティプールと同じ26階にあるダイニングレストランバーにて、ナッツ、タイのスナックとカクテル2杯がセットでした。
バンコクで流行りのルーフトップバーのようなオープンな造りなので、蒸し暑い夜でも涼しい風が吹いていました。

 

ホテルのシャトルボートはアジアティークにも行ける!

アヴァニリバーサイドバンコクホテルは、サパーンタクシン駅サトーン船着き場からアジアティークの先、チャオプラヤー川の下流に位置しています。

シャトルボートは系列ホテルのアナンタラホテルとアヴァニ共通で運行され、サトーン船着き場(Sathorn Pier)からアナンタラホテル船着き場までは約20分かかります。

サトーン船着き場から行ける他のホテルはたいてい10分以内なので、20分のAVANIはかなり長く感じました。

サトーン船着き場からは午前7時40分から午前0時まで、毎時00分、20分、40分。

アナンタラホテルの船着き場からは午前7時20分から午後11時40分まで、毎時00分、20分、40分の運行です。

アナンタラホテルの船着き場からアヴァニリバーサイドホテルまでは、アナンタラホテルの敷地内の通路を進み、約3、4分掛かります。

アナンタラのお庭にはフォトジェニックなブランコもありました。

インフィニティプール

シンガポールのマリーナベイサンズと比べると、小規模ですが落ち着いた大人のプールといった感じでくつろげました。

出典:AVANI Riverside Bangkok Hotel

上の公式の画像に一目惚れして決めたのですが、時間帯によってはこんななんでしょうね。プール大好きの旦那不在のため、今回は朝ちょこっと泳いだだけでした。
午前中は空いていたので、ベッドの争奪戦はありませんでした・・・笑 日がちょっと落ちた位の時間に行くのが良いかもしれませんね。

プールの横には、こんな素敵なくつろぎスペースがありました。もちろん宿泊者はフリーで利用出来るので、夜はアジアティークの夜景を見ながら過ごすのはいかかでしょうか。バンコクは街歩きが楽しくて、ホテルで過ごす時間が少なくなるのが難点ですが・・・笑

応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA