世界遺産を歩く 二つの道の巡礼者になりたい! 熊野古道・中辺路の美味しいとこだけ歩いてみた

 世界でたった2つだけの道の世界遺産があることをご存知ですか?
一つが日本の熊野古道、そしてもう一つがスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラの道です。
そして、この二つの道の巡礼を達成すると「二つの道の巡礼者」として登録されるんです。
以前から、スペインのサンティアゴ巡礼には興味があったのですが体力に不安があり、まずは距離の短い熊野古道を歩いてみようと計画してみました。
 

「二つの道の巡礼者」巡礼達成の条件

サンティアゴ・デ・コンポステーラの道

    下記のうち、いずれか1つを達成する必要があります。

  • 徒歩または馬で少なくとも最後の100km以上を巡礼する
  • 自転車で少なくとも最後の200km以上を巡礼する

熊野古道

    下記のうち、いずれか1つを達成する必要があります。

  • 徒歩で滝尻王子から熊野本宮大社(38km)まで巡礼する
  • 徒歩で熊野那智大社から熊野本宮大社(30km)間を巡礼する
  • 徒歩で高野山から熊野本宮大社(70km)まで巡礼する
  • 徒歩で発心門王子から熊野本宮大社(7km)まで巡礼するとともに、熊野速玉大社と熊野那智大社に参詣する

熊野三山を廻る予定もあったので「徒歩で発心門王子から熊野本宮大社(7km)まで巡礼するとともに、熊野速玉大社と熊野那智大社に参詣する」を選択しました。どうみても一番距離が短く楽なコースです・・・。
スペインのほうは、いつ行けるかわかりませんが自転車巡礼も興味あります。フランスから一番の難所であるピレネーを越えて800km歩くフランス人の道制覇をチャレンジしてみたい! 問題は、旦那のOKが出ないこと・・・

共通巡礼手帳

「二つの道の巡礼者」を達成するためには、共通巡礼手帳にスタンプを押してもらう必要があります。入手出来る場所が日本では熊野古道の要所にありますが、スペインでは最終地点であるサンティアゴ・デ・コンポステーラ市観光局のみとなっています。

私の場合は、滝尻王子から熊野高原神社まで歩く予定があったので、手帳は滝尻王子近くの熊野古道館で貰いました。滝尻王子から高原熊野神社間、発心門から本宮大社間のスタンプを頂き、まだ空欄がありますが、スペインで800km歩いた分のスタンプを押す欄は絶対に足りなくなりそう。最後100kmだけ押せばいいのかな・・・?

熊野古道・中辺路の美味しいとこだけ歩いてみた

熊野古道の人気コース中辺路の最初と最後だけを歩きました。

  • 1日目 南紀白浜バスセンター~~滝尻王子~高原熊野神社~栗須川バス停~~川湯温泉まつや宿泊
  • 2日目 川湯温泉送迎~発心門王子~熊野本宮大社熊野速玉大社~きのくに線宇久井駅送迎~~休暇村南紀勝浦宿泊
  • 3日目 休暇村南紀勝浦送迎~~紀伊勝浦駅~熊野那智大社・那智の瀧~~紀伊勝浦駅~紀伊勝浦宿泊先・放送大学授業『「那智参詣曼荼羅」を学び歩く』受講
  • 4日目 紀伊勝浦宿泊先~~熊野三所大神社~那智山~熊野那智大社・那智の瀧~~妙法寺阿弥陀寺~~那智勝浦駅解散~~南紀白浜駅~~湯快リゾート 南紀白浜温泉 ホテル千畳宿
ピンクの下線部分が「二つの道の巡礼者」の条件です。熊野高原神社から先を歩かずにバスに乗ったのは、自分の足では夕暮れまでに宿がある近露王子まで歩く自信がなかったからです。もし何かあって3日目のスクーリングに遅れるわけにはいかなかったので、無難なコースにしてみました。途中、川をせき止めた温泉を楽しんだり、休暇村に宿泊したり楽しみながら歩いてきました。
Amy
現地の移動は路線バスを利用することが多かったのですが、時間は正確でした。ただ本数が少ないので、1本逃すと何もないところで2時間待ちもありえます。バスだけではなく電車の本数も少ないので、入念な計画が必要です。

 

3日目の午後からは『「那智参詣曼荼羅」を学び歩く』という放送大学のスクーリング授業を受講しました。1日目講義と2日目フィールドワークで実際に那智参詣曼荼羅に描かれた場所を訪ね歩くという授業で、放送大学はこういう面白い面接授業があるのが魅力です。
Amy
帰ってから気づいたんだけど、巡礼手帳の熊野本宮大社のスタンプ、肝心なとこ押し忘れてる・・・これあかんやつや!

中辺路 発心門王子~熊野本宮大社を実際に歩いた記事はこちらです。

応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村



9 件のコメント

  • こんにちは、先週の月曜から土曜(2018/12/3-8)、熊野古道を歩いて来ました。那智から滝尻まで歩く予定を立てましたが、ハード過ぎて予定の半分しか歩けませんでした。初日に小口まで辿り着いた時は既にバスもなく、終業したタクシー会社に頼み込んで宿まで送って貰いました。熊野古道嘗めてました。
    サンチャゴの方は既に完歩してたので、共通の証明証とピンバッジを貰うことが出来ました。キセルしてしまったけど、観光課の人はそんなこと気にしないようでした。
    とある女子さんも、いつかサンチャゴ巡礼に行けるといいですね。

  • おくのさん、コメントありがとうございます!

    私が熊野古道歩いたのも2年前の同じ12月でした。那智から滝尻とはかなりの距離ですよね! 日が暮れるのが早いので、午後山に入るのを躊躇ってバスに乗ってしまいました。ただでさえ鈍足なので・・・笑。
    サンチャゴの方が先だったんですね、私は体力に自信がなくまずは熊野古道をと思って歩きましたが、恥ずかしながら滝尻から熊野神社で既に力尽きました。
    サンチャゴも最後の100kmのほうの選択をしてしまいそうです。宿争奪戦に勝てる気がしないんですよね・・・。バッジ、証明書のお話ありがとうございます。スタンプ足りないけど、大丈夫かもしれませんね笑。

  • お返事ありがとうございます。
    サンチャゴ巡礼での最後の100kmコース、有名なのはサリアからですが、混みすぎてるし雰囲気も悪いのでお勧めしません。
    同じように最後の100kmを歩くルートが幾つもありますよ。
    フェロールからのイギリス人の道。TUIからのポルトガルの道、オウレンセからのサナブレスの道、ルーゴからのプリミティブの道など。こちらはフランス人の道よりずっと空いてるし、巡礼者同士の雰囲気もいいですよ。
    熊野古道で出会った外国人もみんなフレンドリーでしたが、サンチャゴで出会う巡礼者も楽しいですよー。

  • 追伸です。
    スタンプ帳の残りスペースを心配してましたが、空いている所どこでも押して貰えれば大丈夫ですよ。或は別のを入手して続きを押してもらったり。
    サンチャゴの巡礼事務所でスペイン語話せなくても指差しで意思疎通できます。私もそれだったし。
    事務所では熊野古道より沢山質問されますが、何とかなります。

  • おくのさん、コメントありがとうございます!
    100kmコース色々あるんですね、有名なフランス人の道しか知りませんでした。そういう私みたいな人たちで混むんですね笑。そして、雰囲気も悪いなんて、実際に行った人でないとわからない情報ありがとうございます。ヨーロッパ方面は行きなれていないので、雰囲気は重要です!
    巡礼者との出会いも楽しみです。
    いつになるかわかりませんが、冬と真夏を避けて予定を立てたいと思ってます。

  • 雰囲気が悪いと言っても、ほかと比べなくっちゃ気にならないと思います。
    遠くから歩き出す場合は、言わば戦友のような親近感を持ちますが、短距離の場合はそれが薄いというだけです。
    初めて歩くなら何も問題ありませんよ。

  • 確かに比べようがありませんね笑。
    戦友のような親近感、巡礼の醍醐味ですよね。歩きたい理由の一つにそういうのを味わいたいという思いがあります。来年の春あたりで予定立ててみます。

  • こんにちは、サンチャゴ巡礼の計画はどうなりましたか?!
    遠いし日数掛かるしお金も掛かるので気楽にと言うわけには行かないですよね。
    そこ行くと無職の私は2週間後の5月に出発します。
    今回はイルンから北の道をサンチャゴまで歩いて、到着後はそのままポルトガルのファティマを目指します。
    楽しみですが、いつものように近づいて来るとドキドキです。

    百キロコースですが、お勧めはイギリス人の道です。
    ここはこれ1本がまるまるの道なので、他の巡礼路のように美味しいとこだけ感がなくていいですよ。
    距離が短いし巡礼者同士の繋がりも薄いと想像してましたが、結果は逆でした。みんな同じアルベルゲに集合するし、日数が少ないのでバラけずに同じ顔ぶれがゴールまで続くんですよ。
    仲良くなる率アップです。
    ただ、サリアと違って出発地のフェロール迄がちょっと行きにくいかな。

    • こんにちは! 私のほうはすっかり計画は白紙になってしまいました(泣)
      主に私の歩く速度の問題です(苦笑)

      5月に出発だなんて、ドキドキですね!
      良い巡礼の旅になりますように。
      100kmコースなら私でも歩けるんじゃないかって考えてますが、家族の了承を得るのがなかなか難しいです。
      イギリス人の道情報ありがとうございます。仲良くなる率高いなんて、まさに私の理想の巡礼です(笑)。
      今のところいつになるかはわかりませんが、縁があればいつかきっと行けると思っています。

      おくのさん、お気をつけていってらっしゃいませ!
      「ブエン カミーノ」

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA