世界遺産を歩く 発心門王子から熊野本宮大社を歩く

発心門王子から熊野本宮大社のコースは、熊野古道でも一番人気の高くツアーも多く組まれています。長い下り坂を歩く、いかにも熊野古道らしい道です。ゆるやかな下りが続くので、楽かと思いきや、普段使わない筋肉が悲鳴を上げました・・・笑
Amy
ちなみに写真でよく見かける平安衣装で歩く石畳の道は大門坂から熊野那智大社のコースです。

発心門王子付近には宿泊施設はありませんが、付近に幾つかある温泉からの送迎があります。今回は前泊した川湯温泉まつやさんの送迎バスで送っていただきました。

どうしても川湯温泉に宿泊したかった

  • 川湯温泉からは発心門王子、本宮までの送迎サービスがある。
  • お一人様に優しいホテルがあった。
  • 熊野古道弁当を食べたかった!
  • 冬季には川の中に仙人風呂が出現する!!
  • 夏季には川で遊びながら川を掘りマイ露天風呂が作れる!!!

温泉地ではお一人様だと予約出来ないホテル、旅館が多いなかシングルルームのある川湯温泉 山水館 川湯まつやさんに宿泊しました。食事やお風呂は川湯みどりやさんで利用出来るというのも高ポイントでした。私の中でみどりやさんの大塔川の河原の露天風呂はもう一度行きたいお風呂No.1です。
奥熊野川湯温泉 山水館 川湯まつや

仙人風呂のすぐ目の前の温泉旅館大村屋さんは、毎朝、川湯温泉内、熊野本宮にお弁当を配達してくれるんです。このお弁当を食べたいために川湯温泉の宿泊を決める人も多いのでは。
奥熊野川湯温泉 大村屋

Amy
送迎、お弁当は予約が必要なので、お忘れなく。

発心門王子からスタート

送迎ワゴン車の出るみどりやさんでお弁当を受け取り、いざ出発。
8時発の送迎は、発心門までは20分ほどで到着。
これから歩く、発心門王子~熊野本宮大社まで各HPでは・・・

歩行距離:6.9km 歩行時間:約2.5時間 (熊野本宮観光協会HPより)

歩行時間:約2時間 (わかやま観光情報HP)

Amy
歩くのが遅い自分は3時間は見ておかなくちゃね。
発心門スタート時は、周辺には誰もいなく寂しいスタートだったけど、後から後から抜かされていき途中の休憩所でやっと追いつく始末。これは3時間でも着かない予感がしてきた・・・笑
長閑な里山といった風景の中を歩きます。
水吞王子の押印所です。ほとんどの押印所はこういう造りなので見落とさないようにね。
 最初に休憩したのは、伏俳王子跡です。
この休憩所は、出発から1時間ほどですが、ほとんどの方がここでちょっと休憩しているようでした。
どこから来たの? みたいな会話が飛び交ってこの時は私が一番遠方からだったようです。
10分ほど休憩し、本宮へ向けて歩き出します。
 
初日に歩いた滝尻王子付近の景色とは違って、これが『THE 熊野古道』な道が続きます。
写真を撮りまくっているせいか、やはり抜かされて・・・笑
途中どこから現れたのか団体さんから声をかけられます。
「昨日、同じホテルだったのよ!」
宿泊したまつやさんではなく、夕食、朝食は系列ホテルのみどりやさんだったのですが、ほとんどの宿泊客が大所帯。ひとりぽつんと食事する姿が記憶に残ったのでしょう・・・笑
ゴールが近づくにつれて人も増えてきます。本当にみんな一体どこから?

ゴールは熊野本宮大社!

発心門王子から約2時間半、11時に熊野本宮大社に無事到着しました。
本宮内にはFreWiFiが飛んでいたり、オシャレなカフェが隣接してたのには驚きました。もちろん、海外からの観光客の姿もちらほらと。熊野古道、熊野本宮大社は、世界遺産なだけではなく、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星を獲得しているんですね。
正直、前日の滝尻王子~熊野高原神社間の登りよりも今日の下りのほうがきつかった・・・。精神的には、逃げ道のない前日のほうがきついけど、肉体的(筋肉痛的な意味で)には下りのほうがこたえたようです。バックパックを背負っての移動は足腰に来るお年頃です・・・泣

当日のタイムログ

08:25  発心門王子
09:44 伏俳王子跡 着
09:55 伏俳王子跡 発
10:16 三軒茶屋後
11:02 熊野本宮大社 着
11:41 熊野本宮大社 発
11:58 世界遺産熊野本宮館 裏でお弁当タイム
12:56 大斎原
Amy
お弁当を食べる場所がなかなか見つからず、本宮館のベンチで頂きました。新宮川まで降りて河原で食べれば良かったかな・・・?

応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA