レジデンスイン マリオット ニューヨーク マンハッタン ・セントラルパーク宿泊記

Amy
こんにちは、Amy@(Amychan2011)です。初めてのニューヨークの宿泊先は、Residence Inn by Marriott New York Manhattan/Central Parkです。セントラルパークとありますが、実はタイムズスクエアまでも徒歩10分弱です。

マリオットゴールドリワード会員

SPGアメックスカード特典からのマリオットゴールドリワード会員です。今回、取得から初めてのマリオット系列ホテルの利用となります。密かにアップグレードを期待しますが、12月のこの時期空室もなさそうです。

マリオット公式から予約

公式からだけではなく、他のホテル予約サイトからでも特典は受けられるということですが、比較してみたのですが、公式が一番安かったのでそのまま予約しました。2017年12月の宿泊を約半年前の6月に予約しました。12月のニューヨークはハイシーズンの為、早めに予約を入れました。

ホテル & リゾート | マリオット公式サイト

レジデンスインマリオット マンハッタン/セントラルパーク

高級ホテルのカテゴリーに入るマリオットですが、レジデンスインは5スターではなく4スターの滞在型ホテルなので、宿泊料金もマリオットに比べると格安になっています。マンハッタンに幾つかあるマリオット系列のホテルの中で、眺望と地下鉄アクセスを重視した結果、レジデンスインマリオット マンハッタン/セントラルパークに決めました。基本朝食付きのレジデンスインなので、残念ながら特典の無料朝食は意味のないものとなっています。高層階がレジデンスイン、低層階が同系列のコートヤード・ニューヨーク・マンハッタン/セントラルパークになっています。周囲は高層ビルに囲まれているので、低層階のコートヤードからは眺望はあまり期待できません。

JFKを夕方出発し、ホテルに着いた頃には暗くなっていました。ホテルはブロードウェイとW54thストリートに面していますが、入り口はW54thストリート側です。(下の画像は、ブロードウェイ側で入ることは出来ません。)

1Fにフロントがあり、右側のエレベーターがコートヤード用、左側のエレベーターがレジデンスイン用となっています。

利用することはありませんでしたが、4Fにはスターバックスも。3Fの朝食会場とほぼおなじ造りです。部屋のネットよりも3Fのほうが速かったので、作業される方は、3Fまたは4Fに移動するのが良いかもしれません。

59Fタイムズスクエアビュールーム

タイムズスクエアビューは、ツインルームの設定がなくキングしかありませんでした。それほど広くはありませんが、キッチンやバスタブも付いているので良しとします。キッチンの床を占領すればスーツケース2個広げることが可能です。結局、アップグレードはどうだったのでしょう、多少高層階な気はしますが。

キッチンは、電子レンジ、冷蔵庫、食器洗い乾燥機などがありました。備え付けのコーヒー、水などは有料です。

かなり浅いですが、一応バスタブがあるのがありがたいですね。

夕方のタイムズスクエアです。一番眩しいところが有名な東芝ビジョンです。来年前半には撤去されてされてしまうようですが、10年契約の契約満了という形のようです。撤去前に見ることが出来て良かったですが、寂しくなりますね。

ハドソン川もよく見えます。ハドソン川の向こう側は、ニュージャージー州になります。

朝のハドソン川方面です。飛行機雲がたくさん見えたので思わず写真を撮りました。JFKだけではなくこの近辺にはニューアーク空港、ラガーディア空港と3つあるので飛行機が良く見えました。

幻想的な朝靄のハドソン川です。ハドソン川の上の霧が徐々にマンハッタン島に流れてくる様子をぼーっと眺めていました。時差ボケで妙に早起きしてました笑

同じ時間のタイムズスクエア側です。早朝でもネオンは消えることはありません。部屋から見える景色は、どちらかというとハドソン川のほうが見ていて飽きませんでした。無理にタイムズスクエアビューでなくても良いかも・・・。

無料のブレックファースト

エリート会員だからではなく、宿泊者全て朝食がついています。朝食会場は3Fにあるのでビルに囲まれての食事ですが、町並みを眺めながらベーグルを食べているとニューヨークに来てるんだなと改めて実感します。

ベーグルが数種類、パン、マフィンも数種類、自分で焼くワッフル、チーズ数種類、ゆで卵、スクランブルエッグ、オートミール、フルーツ、日替わりのハンガーグ、ソーセージなど。組み合わせてソーセージマフィンを作れる日は、みんなが同じ組み合わせで作っていました。ベーグル用にスモークサーモンがあれば最高ですが、なかったのでハンバーグとクリームチーズを入れた微妙な組み合わせで作ってみました。日替わりの具を見てから、パン類を選ぶのが賢いようです。

無料の割には色々ありました。

コーヒー類は紙コップに蓋をし持ち帰ることも出来ました。ココア、紅茶、豆乳、ホットミルクなどもありました。無料と考えると悪くない量と質ですが、せっかくのニューヨーク滞在なので一回だけホテルの朝食をパスして『Shake Shack』に食べに行きました。今思えば、『サラベス』も行っておけば良かったかな・・・。

実際支払った料金の明細

木曜日から4泊し、月曜日にチェックアウトしました。木、金、土と徐々に宿泊費が高くなり、土曜日はUS$539、日曜は半額近いUS$297でした。1泊につき、宿泊費、宿泊税、州税、市税を支払います。11月30日を例にすると、ルームチャージUS$409.00が最終的には諸税を含めUS$474.80でした。

 11/30(木) ルームチャージUS$409.00
宿泊税US$5.50
ニューヨーク州税US$36.30
ニューヨーク市税US$24.00
合計US$474.80

4泊で合計 US$1964.75でした。
往復の航空券はUAのマイレージで発券したものなので、思っていたよりも出費は抑えられたと思います。

Amy
JFKからのホテルまでのアクセス方法は、画像が多くなってしまったので別記事にまとめてあります。

JFK(ジョン・F・ケネディ)空港からのマンハッタンへのアクセス方法

2017.12.22

応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村